カワリサンコウチョウ 

タイシリーズの続きで、今日はカワリサンコウチョウをご紹介します。

カワリサンコウチョウ(Asian Paradise Flycatcher)はアフガニスタン北部、インドから中国、ロシア、北朝鮮、東南アジアにかけて分布するサンコウチョウ科の鳥で全部で14亜種に分かれていましたが、近年、IOC(国際鳥類学会議)ではカワリサンコウチョウを①Indian Paradise Flycatcher(3亜種)、②Blyth's Paradise Flycatcher(10亜種)、③Amur Paradise Flycatcherの3種に分離独立させており、今回、当地で目にした個体はネパール東部、インド北東部からボルネオ、ジャワ、小スンダ列島にかけて分布する②Blyth's Paradise Flycatcher(Terpsiphone affinis)で、10亜種のうち、マレー半島からスマトラ島にかけて分布する基亜種Terpsiphone affinis affinisと思われます。

熱帯雨林の森で目にしたカワリサンコウチョウ・オスの白色型。オスは白色型(White Morph)と栗色型(Rufous Morph)の2タイプがあり、白色型では頭部以外は全身真っ白で、ひらひらと舞うさまはこの世のものとは思えない美しさがあります・・・

カワリサンコウチョウ1

鳴き声は日本にも夏鳥としてやてくるサンコウチョウとよく似て、最後はホイホイホイと美しい声で鳴いていました。

カワリサンコウチョウ3

カワリサンコウチョウ4

カワリサンコウチョウ5

カワリサンコウチョウ6

カワリサンコウチョウ9

カワリサンコウチョウ10

カワリサンコウチョウ11

長い尾羽をひるがえし飛ぶ姿はサンコウチョウと一緒です・・・

カワリサンコウチョウ12

こちらはオスの近くにやってきたカワリサンコウチョウのメス。メスのほうは日本にやってくるサンコウチョウのメスにも非常によく似ています・・・

カワリサンコウチョウ22

カワリサンコウチョウ23

カワリサンコウチョウ20

今日はかってはカワリサンコウチョウと呼ばれていたBlyth's Paradise Flycatcherをご紹介しましたが、他の種についても言えることですが、従来の種から分離独立する場合、和名が付けられていないケースが多く、このような場合は英名あるいは学名で呼ぶしか方法がないようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる