カザリショウビン

タイシリーズの続きで、今日はカザリショウビンをご紹介します。

カザリショウビン(Banded Kingfisher)はミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア、スマトラ、ジャワ、ボルネオなどに分布する体長21.5~24.5cmのカワセミ科カザリショウビン属に属する唯一の種で、全部で3亜種に分かれており、今回目にしたのは分布域から考え、マレー半島(北緯7°以南)、スマトラ、ジャワなどに分布するLacedo pulchella pulchellaと思われます。

熱帯雨林の森で目にしたカザリショウビンのオス。かなり高い木の上で鳴いていたため、お腹側しか撮れませんでしたが、それでも何とかオスの特徴である頭から尾にかけて藍色に淡青色の横縞がある羽衣を確認することができました。(メスは頭から尾にかけて赤褐色)

カザリショウビン1

カザリショウビン2

カザリショウビン3

カザリショウビン4

カザリショウビン5

今日は東南アジアでは人気のカザリショウビンをご紹介しましたが、今度はもう少し低い位置でその美しい姿を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる