タケアオゲラ

タイシリーズの続きで、今日はタケアオゲラをご紹介します。

タケアオゲラ(Laced Woodpecker)はミャンマー東部、中国南部、タイ、インドシナから スマトラ、ジャワ、バリにかけて分布する体長27~33cmのキツツキ科アオゲラ属の鳥で、日本で留鳥として生息するアオゲラにも似ていますが、顎線は黒色で、腹には縦斑があり、尾羽は暗色なのが特徴です。

熱帯雨林の森で目にしたタケアオゲラのオス。同じアオゲラ属でミャンマーからインドシナに分布するスジムネアオゲラ(Streak-breasted Woodpecker)にもよく似ていますが、タケアオゲラは縦斑が胸にはなく腹だけにあることで識別できるようです。

タケアオゲラ1

タケアオゲラ2

タケアオゲラ3

タケアオゲラ5

タケアオゲラ6

タケアオゲラ7

タケアオゲラ8

今日は東南アジアでは比較的よく見かけるタケアオゲラをご紹介しましたが、このちょっと変わった和名の由来ですが、主に竹林の周りや二次林で生息しており、繁殖の際には竹に穴を開けて営巣するためこのような名前が付けられたものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる