FC2ブログ

ニセメンフクロウ

タイシリーズの続きで、今日はニセメンフクロウをご紹介します。

ニセメンフクロウ(Oriental Bay Owl)はインド北東部から中国南部、東南アジア、スマトラ、ジャワ、ボルネオにかけて広く分布する体長約29cmのメンフクロウ科ニセメンフクロウ属の鳥で、メンフクロウと大きさや色が似ているためこのような名前が付けられていますが、メンフクロウと異なるのは顔盤の形で、メンフクロウがハート形なのに対し、ニセメンフクロウは角張った形をしている点です。なお、本種は分布域により4亜種に分かれており、今回目にしたのはタイ南部、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオに分布する基亜種Phodilus badius badiusと思われました。

熱帯雨林の森で休んでいたニセメンフクロウ。メンフクロウにも似ていますが、より小型で、顔盤は角ばって羽角のようにも見えます。

ニセメンフクロウ1

ニセメンフクロウ3

今日はメンフクロウ科ニセメンフクロウ属のニセメンフクロウをご紹介しましたが、メンフクロウ科はメンフクロウ属(17種)、ニセメンフクロウ属(3種)の2属20種からなっていますが、この和名のニセという呼び方は何とも可哀そうな感じで、もう少し違った呼称が付けられなかったものかと悔やまれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる