FC2ブログ

カオグロクマタカ

タイシリーズの続きで、今日はカオグロクマタカをご紹介します。

カオグロクマタカ(Blyth's Hawk-Eagle)はマレー半島からスマトラ、ボルネオにかけて分布する体長51~58cmのタカ科クマタカ属の猛禽で、成鳥では和名のように顔が黒色で、尾羽の先端には黒褐色の太いバンドがあるのが特徴です。

熱帯雨林の森の上空を通過していったカオグロクマタカの成鳥。顔は黒色で、胸から腹にかけ黒褐色の横斑が密にあります。

カオグロクマタカ1

カオグロクマタカ2

カオグロクマタカ3

今日は日本に生息するクマタカより少し小さく、顔と体下面の横斑がより暗色のカオグロクマタカをご紹介しましたが、小型とは言えやはり森の王者、飛翔する姿は迫力がありました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ