FC2ブログ

セリン

南欧シリーズの続きで、今日はセリンと思われる個体をご紹介します。

セリン(European Serin)はヨーロッパ中部・南部から北アフリカ、中東に分布する体長11~12cmのアトリ科セリン属の鳥で、オスでは頭部から腹にかけて黄色で、胸から腹の脇には黒褐色の縦斑があるのが特徴です。

スペインの港湾都市サン・セバスティアンの公園横の民家で目にしたセリンのオス。屋根のアンテナで早朝、囀っていました。

ヨーロッパセリン1

ヨーロッパセリン2

ヨーロッパセリン3

マドリッド近郊の古都、シグエンサの公園で目にしたセリンのメスと思われる個体。オスに比べると黄色みが少なく、喉から胸にかけ暗褐色の縦斑があり、腰が黄色いことがメスの特徴を表しています。

ヨーロッパセリン4

ヨーロッパセリン5

ヨーロッパセリン6

今日は初見のセリンと思われる個体をご紹介しましたが、最初目にした時には体色が黄色いことから、未だ見たことのないキアオジ(Yellowhamm)ではないかと色めき立ちましたが、後で図鑑を確認したところセリンの可能性が高いことが分かりました。キアオジについては今後の課題となりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ