FC2ブログ

ハゴロモガラス

昨日の続きで、今日は同じくバンクーバーで目にしたハゴロモガラスをご紹介します。

ハゴロモガラス(Red-winged Blackbird)は北はアラスカから南は中米のコスタリカやカリブ海のバハマにかけて分布する体長約22cmのムクドリモドキ科ハゴロモガラス属の鳥で、分布域により実に22亜種に分類されており、今回目にしたのはカナダ南西部とアメリカ北西部・西部の海岸線に分布する亜種Agelaius phoeniceus caurinusと思われます。なお、英名は「赤い羽根をした黒い鳥」から、和名は赤い羽根を「はごろも」に見立てたものと思われます。

スタンレーパークで目にしたハゴロモガラスのオス。真っ黒の鳥ですが肩羽のあたりの赤色と黄色がアクセントになっています・・・

ハゴロモガラス5

ハゴロモガラス3

ハゴロモガラス4

木にとまったハゴロモガラス。一番上の個体はオスで、下の3羽は上面が赤褐色みをしたメスです。

ハゴロモガラス6

ハゴロモガラス7

ハゴロモガラス9

ハゴロモガラス11

今日は北米から中米にかけて分布するハゴロモガラスをご紹介しましたが、名前こそ「カラス」の名が付けられていますが、カラスの仲間ではなくムクドリモドキ科ハゴロモガラス属の鳥で、時には数十万~百万羽以上の大群で農耕地や果樹園に押し寄せ、作物に被害を与えることがあるそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる