ツバメ(アメリカ亜種)

昨日の続きで、今日はバンクーバーで目にしたツバメのアメリカ亜種をご紹介します。

ツバメ(Barn Swallow)は北半球の広い範囲で繁殖し、冬季は東南アジアや南アジア、アフリカ、南アメリカなどに渡り越冬する体長約17cmのツバメ科ツバメ属の鳥で、分布域により8亜種に分かれており、今回目にしたのはアラスカ、カナダ、アメリカからメキシコにかけて繁殖し、冬季はアルゼンチンに渡り越冬する亜種Hirundo rustica erythrogasterと思われました。なお、日本では亜種ツバメと亜種アカハラツバメの2亜種が繁殖しており、冬季は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などに渡って越冬することが知られています。

海岸線近くで目にしたツバメのアメリカ亜種。大きくトリミングしているため鮮明な写真ではありませんが、額、頬から体下面は淡い橙褐色で、日本で繁殖するアカハラツバメより橙褐色みが薄いように思われました。

ツバメ1

ツバメ2

ツバメ3

ツバメ4

今日はバンクーバーで目にしたツバメのアメリカ亜種(Hirundo rustica erythrogaster)をご紹介しましたが、アメリカの亜種は、日本のように家の外壁に巣を作ることはめったになく、多くの場合、納屋や家畜小屋のような建物の内側や橋の下などに集団で巣を作るそうで、亜種の違いにより営巣形態も大きく異なるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる