フタオビチドリ

昨日の続きで、今日は同じくアラスカの港町、シトカで目にしたフタオビチドリをご紹介します。

フタオビチドリ(Killdeer)はアラスカ、カナダ、アメリカからペルー、チリ北西部にかけて広く分布する体長約27cmのチドリ科チドリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回、当地で目にしたのはアラスカ、カナダ、アメリカ、メキシコで繁殖し、冬季は南アメリカ北西部に渡り越冬する基亜種Charadrius vociferus vociferusと思われます。

海岸線の干潟に姿を見せたフタオビチドリ。和名のように頸と胸の2本の黒いバンドが印象的です。

フタオビチドリ2

フタオビチドリ4

フタオビチドリ5

フタオビチドリ1

フタオビチドリ6

フタオビチドリ10

今日は北米ではごく普通に見ることのできるフタオビチドリをご紹介しましたが、このちょっと変わった英名の由来ですが、その鳴き声がkil-deeah and dee-dee-dee・・・・と聞こえるからだそうです。今度出会ったときには是非そんな鳴き声も聞いてみたいものだと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる