FC2ブログ

ミナミオナガミズナギドリ

昨日の続きで、今日は同じく北太平洋クルーズで目にしたミナミオナガミズナギドリをご紹介します。

ミナミオナガミズナギドリ(Buller's Shearwater)はニュージーランド北部のプア・ナイツ諸島で繁殖し、非繁殖期は北太平洋を南千島からアラスカ南部まで北上する体長約42cmのミズナギドリ科ハイイロミズナギドリ属の海鳥で、日本では数少ない旅鳥として、本州中部以北の太平洋上や小笠原諸島近海で観察されています。

船が近づいたため、急いで海面から飛び出したミナミオナガミズナギドリ。体形はオナガミズナギドリにもよく似ていますが、額から頭頂、後頸、腰は黒褐色で、背と上尾筒は灰色で、翼上面にははっきりとした黒褐色のM字模様が出るのが特徴です。

ミナミオナガミズナギドリ6

ミナミオナガミズナギドリ8

ミナミオナガミズナギドリ9

体下面は白く、翼下面も一様に白いのもミナミオナガミズナギドリの特徴です。(淡色型のオナガミズナギドリも翼下面は白色ですが、黒褐色の縁取りが前縁まであり)

ミナミオナガミズナギドリ12

ミナミオナガミズナギドリ13

海面近くを低空飛翔するミナミオナガミズナギドリ。翼上面にははっきりとした黒褐色のM字模様を確認することができます。

ミナミオナガミズナギドリ1

ミナミオナガミズナギドリ2

2羽のミナミオナガミズナギドリとミツユビカモメ。

ミナミオナガミズナギドリ20

ミナミオナガミズナギドリ21

今日は日本では数少ない旅鳥として、本州中部以北の太平洋上や小笠原諸島近海で観察されているミナミオナガミズナギドリをご紹介しましたが、それにしてもニュージーランド北部のプア・ナイツ諸島でのみ繁殖するこの海鳥が、はるか離れたアリューシャン列島近海まで来てくれたことを考えると、「お疲れさま」と言いたくなります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる