FC2ブログ

ハイイロウミツバメ

昨日の続きで、今日は同じく北太平洋クルーズで目にしたハイイロウミツバメをご紹介します。

ハイイロウミツバメ(Fork-tailed Storm Petrel)は千島列島、コマンドル諸島、アリューシャン列島、北アメリカ西岸の島嶼などで繁殖し、非繁殖期は周辺海域に分布する体長約21cmのウミツバメ科ウミツバメ属の海鳥で、日本では北海道から本州北部の海上でほぼ周年見られ、冬季には本州中部の漁港等で見られることもあるようです。なお、本種は2亜種に分かれており、今回目にしたのは千島列島、コマンドル諸島、アリューシャン列島で繁殖し、日本でも見られる基亜種ハイイロウミツバメ(Oceanodroma furcata furcata)と思われます。

クルーズ中、何度も目にしたハイイロウミツバメ。和名のごとく全体に青灰色で、眼の周りや嘴、脚は黒色。翼上面には不明瞭な褐色のM字模様と白い逆ハの字模様が見られ、尾は英名のように浅い切れ込みの凹型になっています。

ハイイロウミツバメ31

翼下面は灰褐色で、下雨覆が黒褐色なのもハイイロウミツバメの特徴です。

ハイイロウミツバメ35

ハイイロウミツバメ30

ハイイロウミツバメ2

ハイイロウミツバメ3

ハイイロウミツバメ4

ハイイロウミツバメ5

ハイイロウミツバメ6

ハイイロウミツバメ7

今日はクルーズ中、何度も目にしたハイイロウミツバメをご紹介しましたが、日本でも北海道から本州北部の海上でほぼ周年見られるとはいえ、それ程簡単に出会えるわけでもなく、今回そんなハイイロウミツバメを何度も見られたのは大変幸運でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる