FC2ブログ

トウゾクカモメ

昨日の続きで、今日は同じく北太平洋クルーズで目にしたトウゾクカモメをご紹介します。

トウゾクカモメ(Pomarine Skua、Pomarine Jaeger)はユーラシアと北アメリカの北極海沿岸で繁殖する体長約49cmのトウゾクカモメ科トウゾクカモメ属の海鳥で、日本では旅鳥または冬鳥として主に太平洋側の海上で観察され、特に春と秋には数が多いようです。

船を追い越しながら一直線で飛んで行ったトウゾクカモメと思われる個体。クロトウゾクカモメともよく似ていますが、クロトウゾクカモメに比べ、体はやや大きく、体型はずんぐり型で、翼や嘴が太く、成鳥繁殖羽では中央尾羽は長く突出し、先端が丸くスプーン状になっているのが特徴です。また、本種には淡色型から暗色型まで様々なパターンがありますが、、この個体は喉や頸が白色であることから淡色型と思われます。

トウゾクカモメ5

トウゾク6

トウゾクカモメ1

トウゾクカモメ2

トウゾクカモメ3

ユーラシア大陸や北アメリカ大陸の北極圏で繁殖し、非繁殖期には赤道付近の熱帯地域から南半球まで南下するトウゾクカモメですが、繁殖期は通常6~9月と言われており、今回のクルーズが9月であったことからすると、恐らく繁殖を終えた個体が移動を始める頃だったのかと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ