FC2ブログ

シロエリオオハム

昨日の続きで、今日は同じく北太平洋クルーズで目にしたシロエリオオハムをご紹介します。

シロエリオオハム(Pacific Loon)はシベリア東北部からアラスカ、カナダで繁殖し、冬季は北アメリカ北部から西部の沿岸、アリューシャン列島、千島列島を経由し、日本、中国の東シナ海まで南下して越冬する体長約65cmのアビ科アビ属の水鳥で、日本では冬鳥として九州以北に飛来します。

クルーズ船に向かってどんどん近づいてきたシロエリオオハム。よく似たオオハムに比べ、体はやや小さく、嘴は直線的で、冬羽では喉と下尾筒に黒褐色の帯があるのが特徴で、この個体は喉や前頸に黒褐色みが残ることから冬羽に移行中の個体と思われますが、下尾筒には黒褐色の帯をはっきりと確認することができます。

シロエリオオハム10

シロエリオオハム11

シロエリオオハム12

シロエリオオハム13

こちらは別の日、クルーズ船の真横を通過していったシロエリオオハム。この個体も喉や前頸に黒褐色みが残ることから冬羽に移行中の個体と思われます。

シロエリオオハム32

シロエリオオハム33

シロエリオオハム34

今日は北太平洋クルーズで目にしたシロエリオオハムをご紹介しましたが、この時期、アラスカからカナダにかけて繁殖した個体がアリューシャン列島、千島列島を経由し、日本、中国の東シナ海に向け南下する移動途中だったのではないかと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ