FC2ブログ

オオハヤブサとハヤブサ

昨日の続きで、今日は同じく北太平洋クルーズで目にした亜種オオハヤブサと亜種ハヤブサと思われる個体をご紹介します。

ハヤブサ(Peregrine Falcon)は南極大陸をのぞく全世界に分布する体長42~49cmのハヤブサ科ハヤブサ属の鳥で、現在IOC(国際鳥類学会議)では分布域により16亜種に分類しており、日本では①シベリア北東部から日本にかけて分布する亜種ハヤブサ(Falco peregrinus japonensis)のほか、②アリューシャン列島からアラスカ南部、カナダ北西部にかけて分布する亜種オオハヤブサ(Falco peregrinus pealei)、③アメリカ北部からメキシコにかけて分布する亜種アメリカハヤブサ(Falco peregrinus anatum)、④ラップランドからシベリア北東部にかけて分布する亜種ウスハヤブサ(Falco peregrinus calidus)、⑤1937年を最後に記録がなく、北硫黄島、硫黄島で繁殖するとされていた亜種シマハヤブサ(Falco peregrinus furuitii )の5種が分布するとされています。

アリューシャン列島近海で目にした亜種オオハヤブサと思われる個体。頭部の黒色部が広く、頬ひげ斑もあまり目立ちません。

オオハヤブサ1

オオハヤブサ2

こちらは亜種オオハヤブサの幼鳥と思われる個体。体上面は黒褐色で、体下面も黒褐色の縦斑が密に見られます・・・

オオハヤブサ5

オオハヤブサ6

オオハヤブサ7

オオハヤブサ8

こちらは千島列島近海で目にした亜種ハヤブサの幼鳥と思われる個体。

ハヤブサ10

ハヤブサ11

ハヤブサ12

ハヤブサ13

今日はアリューシャン列島から千島列島にかけて目にした亜種オオハヤブサと亜種ハヤブサと思われる個体をご紹介しましたが、亜種ハヤブサでも亜種オオハヤブサと同じような羽衣を持つ個体もいるとされ、亜種の識別はなかなか難しいようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる