FC2ブログ

ラッコ

北太平洋クルーズの最後に、今日はラッコをご紹介します。

ラッコ(Sea Otter)は北太平洋沿岸に分布する体長1.2~1.5mのネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ亜科ラッコ属に分類される中型の海棲哺乳類で、石を使って貝を割ることで知られています。分布域により次の3亜種に分かれており、今回ご紹介するのは千島列島に入ってから目にした個体であることからアジアラッコの可能性が高いと思われます。

①アラスカラッコ(アリューシャン列島、アラスカに生息)・・・他の2種の中間ぐらいの外観で、下顎骨が長い
②アジアラッコ(チシマラッコ)(千島列島、コマンドルスキー諸島、太平洋西部に生息)・・・亜種の中で最も体長が大きく、頭部が広く、鼻が小さいことが特徴
③カリフォルニアラッコ(カリフォルニア州中部沿岸に生息)・・・頭部が狭く長い。口吻が長く、歯が小さい

貝のようなものを抱いて上向きに浮かんでいたアジアラッコと思われる個体。

ラッコ1

ラッコ2

ラッコ3

ラッコ4

北太平洋クルーズの最後に、今日はイタチの仲間、ラッコをご紹介しましたが、海が荒れているとき以外はほぼ一生を海で暮らすと言われ、そのため、毛が2層に分かれており、ふわふわの下層に空気をためて体を浮かし、石を使って岩からアワビをはがしたり、貝を割って食べるなど、実に見事に海上生活に適応しています。こんな生き物を見るにつけ生命の不思議さを感じざるを得ません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる