FC2ブログ

往く鳥、来る鳥

バンクーバーの鳥の途中ですが、夏鳥と冬鳥の交差するこの時期、お散歩カメラを携えて久し振りに山梨クラインガルテン周辺を散策しましたので、今日はその時目にしたオオルリ、キビタキとジョウビタキをご紹介します。

最初は往く鳥、オオルリです。

オオルリ(Blue-and-white Flycatcher)は夏季にシベリア南東部から中国北東部、朝鮮半島、千島列島、日本で繁殖し、冬季、東南アジアからジャワ、フィリピンにかけて越冬する体長約16cmのヒタキ科オオルリ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本には千島列島、日本、朝鮮半島南部で繁殖し、冬季はフィリピンやボルネオなどで越冬する基亜種オオルリ(Cyanoptila cyanomelana cyanomelana)が南西諸島を除く北海道から九州までの全国各地に繁殖のためやって来ます。なお、従来オオルリの亜種として分類されていたチョウセンオオルリは、現在、IOC(国際鳥類学会議)では別種チョウセンオオルリ(Zappey's Flycatcher)として分離独立させています。

たわわに実をつけたミズキにやって来たオオルリ・オスの第1回冬羽。背からの上面はかなり青色になっていますが、頭部と顔はまだ灰褐色です・・・

オオルリ1

オオルリ2

オオルリ3

オオルリ4

往く鳥の2番目はキビタキです。

キビタキ(Narcissus Flycatcher)はサハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖し、冬季はフィリピンやボルネオ島など東南アジアへ渡り越冬する体長約13.5cmのヒタキ科キビタキ属の鳥で、全部で3亜種に分類されていますが、今回目にしたのは夏鳥としてサハリンや日本全土で繁殖する基亜種キビタキ(Ficedula narcissina narcissina)です。

オオルリと同じ木にやって来たキビタキのメス。

キビタキ (2 - 4)

キビタキ (3 - 4)

キビタキ (1 - 4)

最後は冬鳥としてやって来たジョウビタキです。

ジョウビタキ(Daurian Redstart)はシベリア、モンゴル、ヒマラヤ東部から中国、朝鮮半島で繁殖し、冬季、中国南東部、日本からインドシナにかけて越冬する体長約14cmのヒタキ科ジョウビタキ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本にはシベリア、モンゴルから中国北東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季、中国南東部、日本などで越冬する基亜種ジョウビタキ(Phoenicurus auroreus auroreus)が全国各地にやって来ます。

まだ、やって来て間がないのか、比較的警戒心が強かったジョウビタキのメス。

ジョウビタキ1

ジョウビタキ2

ジョウビタキ3

今日は夏鳥オオルリの第1回冬羽とキビタキのメス、そして冬鳥のジョウビタキのメスをご紹介しましたが、夏鳥と冬鳥が同時に見られるこの時期は一年の中で最も楽しい時期でもあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる