FC2ブログ

林道で目にした野鳥たち

昨日の続きで、同じく山麓の林道で目にした鳥たちをご紹介します。

最初は先日もご紹介したイカル(Japanese Grosbeak)です。
日本では北海道、本州、四国、九州の山林で繁殖する亜種イカル(Eophona personata personata)が留鳥または漂鳥として分布していますが、寒さとともに標高の低い山麓や農耕地にも下りてくるようです。

ヌルデの実でしょうか?熟した実を食べにやって来たイカル。鳥までは距離があり鮮明な画像ではありませんが、黒色の頭巾と黄色の大きな嘴が印象的です・・・

名称未設定 (6 - 74)

名称未設定 (4 - 74)

次はその近くの松の枝で休んでいた雨覆が赤紫色のアオバト(White-bellied Green Pigeon)のオスです。アオバトは先日もご紹介しましたが、日本では日本と中国東部に分布する基亜種アオバト(Treron sieboldii sieboldii)が留鳥または漂鳥として、北海道から九州で繁殖しており、山林などで独特の鳴き声をよく耳にしますが、姿を見るのはなかなか難しい鳥でもあります。

名称未設定 (23 - 74)

最後は今シーズン初めて目にしたルリビタキのメスです。

ルリビタキ(Red-flanked Bluetail)は夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬する体長約14cmのヒタキ科ルリビタキ属の鳥で、日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬することが知られています。

そんなルリビタキですが、寒さとともに標高の低い山麓に下りてきたようです。

名称未設定 (28 - 74)

今日はミヤマホオジロやカシラダカと同じく山麓の林道で目にした鳥たちをご紹介しましたが、寒さの訪れとともに今まで見られなかった鳥たちが日増しに増えています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる