FC2ブログ

チャガシラカモメ

タイシリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるチャガシラカモメをご紹介します。

チャガシラカモメ(Brown-headed Gull)はアジア中南部から中国西部、チベットの高原地帯などで繁殖し、冬季はインド、東南アジア、中国南部へ渡り越冬する体長約42cmのカモメ科カモメ属の鳥で、日本では迷鳥として2002年茨城県と千葉県で記録があるほか、沖縄県でも観察例があるようです。

バンコク近郊の海で目にしたチャガシラカモメ冬羽の大群。当地は観光客が餌をあげていることもあり、たくさんのチャガシラカモメが集まっており、タイ有数の越冬地であるようでした。よく似たユリカモメに比べ、体は一回り大きく、嘴は太く、翼先端の黒色部が大きいことで区別できます。

チャガシラカモメ30

嘴先端が黒いのは成鳥、第1回冬羽、第2回冬羽ともに一緒ですが、成鳥の嘴が赤いのに対し、第1回冬羽、第2回冬羽ではオレンジ色であることで区別できます。

チャガシラカモメ34

チャガシラカモメ33

上空を飛翔する成鳥のチャガシラカモメ。翼先端の黒色部の中に白斑があるのも成鳥の特徴のようです。

チャガシラカモメ42

こちらは河口沖合の中洲で休んでいたチャガシラカモメ。その中に混じっているアジサシはオニアジサシ。

チャガシラカモメ3

徐々に潮が満ちてきて、動きが活発になってきました。翼を広げている個体は翼先端に白色斑があることから成鳥と思われます。

チャガシラカモメ7

こちらの翼を広げている個体は翼先端に白色斑がないことから第1回冬羽と思われます。

チャガシラカモメ11

近くの上空を飛翔する第1回冬羽のチャガシラカモメ。翼上面にはまだ幼羽が残るほか、翼先端が三角状に黒く、白斑がないことで区別できます。

チャガシラカモメ25

チャガシラカモメ24

今日は日本ではめったに見ることができないチャガシラカモメをご紹介しましたが、まさかこのような大群が見られるとは思ってもいなく、数百羽という大群を目にした時には我が目を疑うほどでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ