FC2ブログ

シキチョウ、アカハラシキチョウ

タイシリーズの続きで、今日はシキチョウとアカハラシキチョウをご紹介します。

最初はシキチョウです。

シキチョウ(Oriental Magpie-robin)はパキスタン北東部、インドから中国南部、台湾、東南アジアにかけて広く分布する体長約19cmのヒタキ科シキチョウ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、今回目にしたのはパキスタン北東部、インドから中国南部、台湾、タイ、インドシナにかけて分布する基亜種シキチョウ(Copsychus saularis saularis)と思われます。翼に大きな白斑があるのが特徴で、この羽衣がカササギ(magpie)に似ていることが英名の由来ともなっています。

タイ中部の田園地帯で目にしたシキチョウのオス。頭から胸、背、尾羽は特徴のある青味を帯びた黒色で、美しい金属光沢を放っていました。

シキチョウ2

シキチョウ10

シキチョウ11

次はアカハラシキチョウです。

アカハラシキチョウ(White-rumped Shama)はネパール、インド、ネパールから中国南部、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオなどに広く分布する体長21.5~28cmのヒタキ科シキチョウ属の鳥で、分布域により8亜種に分かれており、今回目にしたのはネパール、インド北部から中国南部、インドシナにかけて分布する亜種Copsychus malabaricus macrourusと思われます。、頭部から体上面は鮮やかな紺色で、英名は腰(尻)が白いことから、和名は腹部が赤いことから名付けられたようです。

ケンガチャン国立公園近くのハイドで目にしたアカハラシキチョウのオス。水浴びをした直後のため羽根がすっかり濡れてしまっています。

アカハラシキチョウ5

アカハラシキチョウ4

目の前にやって来たアカハラシキチョウ。あまりに近すぎて全身が入りません・・・

アカハラシキチョウ1

アカハラシキチョウ2

アカハラシキチョウ3

今日はインドから東南アジアにかけて広く分するシキチョウとアカハラシキチョウをご紹介しましたが、何れも留鳥性が強いようで、分布域によりシキチョウは7亜種、アカハラシキチョウは8亜種に分かれており、それぞれ独自の進化を遂げているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる