FC2ブログ

クラインガルテンの鳥たち・・・イカル、シメ

今日は山梨・クラインガルテン近くで目にしたイカルとシメをご紹介します。

最初は先日もご紹介したイカルです。

イカル(Japanese Grosbeak)はロシア東部の沿海州方面から日本にかけて繁殖し、北方の個体は冬季に中国南部に渡り越冬する体長約23cmのアトリ科イカル属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本では北海道、本州、四国、九州の山林で繁殖する亜種イカル(Eophona personata personata)が留鳥または漂鳥として分布し、北日本の個体は冬季、本州以南の暖地に移動するようです。

早朝、近くの運動公園に群れでやって来たイカル。いつもながら黒色の頭巾と黄色の大きな嘴が印象的です・・・

20180121-KX0A9519.jpg

20180121-KX0A9533.jpg

20180121-KX0A9506.jpg

20180121-KX0A9579.jpg

20180121-KX0A9580.jpg

次は同じく運動公園で目にしたシメです。

シメ(Hawfinch)はヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までのユーラシア大陸中部域に広く分布し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡り越冬する体長約19cmのアトリ科シメ属の鳥で、全部で6亜種に分かれており、日本ではカムチャッカ半島、サハリン、千島列島、日本で繁殖する亜種シメ(Coccothraustes coccothraustes japonicus)が本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来することが知られています。

そんなシメが今年も当地にやって来てくれました。公園の木の洞にとまったシメ。頭部は淡茶褐色で、背、肩羽は暗褐色、眼先が黒色であることからオスと思われます。

20180121-KX0A9560.jpg

20180121-KX0A9563.jpg

いろいろなポーズでサービスしてくれました・・・

20180121-KX0A9549.jpg

20180121-KX0A9570.jpg

20180121-KX0A9554.jpg

今日は山梨・クラインガルテン近くで目にしたイカルとシメをご紹介しましたが、冬の間、当地ではお馴染みの鳥ではありますが、彼らの姿を見るとついついレンズを向けてしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ