FC2ブログ

久し振りにやって来たオオコノハズク

普段はなかなかお目にかかることのないオオコノハズクを目にすることができましたのでご紹介します。

オオコノハズク(Japanese Scops Owl)はシベリア南東部、中国北東部から朝鮮半島、千島列島、日本にかけて分布する体長24~25cmのフクロウ科コノハズク属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本には①千島列島、北海道から九州・屋久島にかけて分布する基亜種オオコノハズク(Otus semitorques semitorques)、②伊豆諸島と琉球諸島に分布する亜種リュウキュウオオコノハズク(Otus semitorques pryeri)のほか、③シベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島に分布する亜種サメイロオオコノハズク(Otus semitorques ussuriensis)が稀な冬鳥として記録されています。

夕闇迫る中、地元の方が設置した巣箱から顔を出した亜種オオコノハズク。コノハズクにも似ていますが、やや大きく、虹彩が橙色なのがコノハズク(黄色)との大きな違いです。

オオコノハズク1

しばらく同じ姿勢で周りの様子を伺っていましたが、暗くなったころ、大きく目を見開き飛び出しのタイミングを見計らっていました。お散歩カメラの感度を目いっぱい上げたため、ノイズが多く、きれいな写真ではありませんが・・・

オオコノハズク3

オオコノハズク4

オオコノハズク5

今日は数年ぶりに当地にやって来たオオコノハズクをご紹介しましたが、ここはオオコノハズクの主食であるネズミやモグラなどの小型哺乳類、鳥類、昆虫などが比較的容易に捕食できそうな環境にあり、越冬場所として適しているためかと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる