FC2ブログ

観察難易度の高いアオシギ

ドライブの途中立ち寄った場所で偶然アオシギを目にしましたので、今日はそんなアオシギをご紹介します。

アオシギ(Solitary Snipe)は中央アジアから中国北東部、カムチャッカ半島にかけて繁殖し、北方で繁殖した個体はインドやパキスタン、中国南部・東部などに渡り越冬する体長約31cmのシギ科タシギ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本には中国北東部やカムチャッカ半島で繁殖し、冬季は朝鮮半島、中国東部などに渡来する亜種アオシギ(Gallinago solitaria japonica)が冬鳥として北海道から沖縄まで全国に渡来しますが、数は多くなく、特に本州中部以南での記録は少ないようです。

河川敷の水路で目にした亜種アオシギ。和名のように羽衣は全体的に赤みがなく、白色部分はうっすらと青灰色みを帯びています。

KX0A0833-2.jpg

KX0A0895-2.jpg

KX0A0950-2.jpg

KX0A0899-2.jpg

水中に嘴を差し込み、盛んに採餌していたアオシギ。

KX0A0927-2.jpg

KX0A0950.jpg

KX0A1036.jpg

今日は冬鳥として全国に渡来するアオシギをご紹介しましたが、同じタシギ属のタシギやチュウジシギ、オオジシギ、ハリオシギに比べると棲息環境が異なり、林の中や丘陵沿いを流れる小河川などに棲息するため姿を見つけることが難しく、観察難易度の高い鳥となっています。今回、そんなアオシギに偶然出会うことができたのは大変幸運でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる