亜種オオカワラヒワ



昨日の続きで、今日は同じく峠の展望台で目にした亜種オオカワラヒワと思われる個体をご紹介します。

カワラヒワ(Grey-capped Greenfinch)はシベリア東部、中国北東部、朝鮮半島、日本からベトナム中部にかけて分布する体長14.5~16cmのアトリ科カワラヒワ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、日本には①北海道南部から九州にかけて繁殖する亜種カワラヒワ(Chloris sinica minor)のほか、②小笠原群島に留鳥として分布する亜種オガサワラカワラヒワ(Chloris sinica kittlitzi )、③カムチャッカ半島から千島列島、北海道北東部で繁殖し、冬季は中国南東部、日本、台湾などに渡り越冬する亜種オオカワラヒワ(Chloris sinica kawarahiba)の3亜種が知られています。

峠の展望台にやって来た亜種オオカワラヒワのオス成鳥と思われる個体。三列風切の白色部が亜種カワラヒワより幅広く、頭頂から後頸も灰色みがあるのが特徴のようです。

4S3A2470.jpg

こちらは別の枝にとまった同じ個体。

4S3A2478.jpg

4S3A2480.jpg

4S3A2476.jpg

今日は亜種オオカワラヒワと思われる個体をご紹介しましたが、当地には留鳥としての亜種カワラヒワはいないそうで、冬季のこの時期だけ冬鳥としてやってくるそうです。カワラヒワは日常的に見られる鳥のため、普段あまり気にしていませんでしたが、これからは冬季のカワラヒワについてはどちらの亜種なのか気にしてみたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる