FC2ブログ

ノドグロハウチワドリ(旧称)

今日まで長い間、ベトナムの野鳥にお付き合いいただき有難うございました。シリーズの最後にノドグロハウチワドリ(旧称)をご紹介します。

旧称ノドグロハウチワドリ(Hill Prinia)はかっては喉が黒い亜種を含めてノドグロハウチワドリとされていましたが、近年喉の黒いタイプは別種ノドグロハウチワドリ(Black-throated Prinia)として分離されたため、従来のHill Priniaは和名が付けられていない状況となっています。

今回ベトナム南部で目にしたのは、インド北東部かrミャンマー東部、東南アジア、スマトラに分布する体長15~20.5cmの喉の白いHill Prinia(和名なし)で、分布域により5亜種に分けられており、今回目にしたのはインドシナ南部にだけ分布する亜種Prinia superciliaris klossiと思われます。

ベトナム南部の山地で、藪の中に姿を見せたHill Prinia(和名なし)。頭部から顔は灰色で、白い眉斑があり、長い尾羽を広げるとハウチワドリの名前のように団扇状に広がっています。

ノドグロハウチワドリ(旧)1

ノドグロハウチワドリ(旧)2

ノドグロハウチワドリ(旧)3

ノドグロハウチワドリ(旧)4

ノドグロハウチワドリ(旧)6

今日ご紹介したのは、インドシナ南部にだけ分布する旧称ノドグロハウチワドリ(Hill Prinia)の亜種Prinia superciliaris klossiでしたが、このように分類の変更があった場合、和名がすぐに付けられないケースが多く、そうなると、英名あるいは学名で呼ぶしか方法はないようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる