FC2ブログ

巣材運びに忙しいイワツバメ

今日は散歩の途中目にしたイワツバメをご紹介します。

イワツバメ(Asian House Martin)はヒマラヤからシベリア中南部、中国、朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季、インド、東南アジア、大スンダ列島、フィリピンなどに渡り越冬する体長約13cmのツバメ科イワツバメ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本にはシベリア中南部から中国北東部、朝鮮半島、日本で繁殖し、冬季は大スンダ列島、フィリピンなどに渡り越冬する基亜種イワツバメ(Delichon dasypus dasypus)が夏鳥として北海道から九州にかけて渡来するほか、西日本では越冬する個体もいるようです。

クラインガルテン近くの田圃で目にしたイワツバメ。例年、この近くにある長いコンクリート橋で営巣しており、今回もその巣材である泥をせっせと採取しているようでした。

20180517-DSC05952.jpg

泥を口に咥え、次々に飛び出していくイワツバメ。特徴である腰の白色部分が印象的です・・・

20180517-DSC05953.jpg

20180517-DSC05959.jpg

20180517-DSC05965.jpg

20180517-DSC05967.jpg

20180517-DSC05980.jpg

コンクリート橋に向かって飛翔するイワツバメ。

20180517-DSC05859.jpg

20180517-DSC05863.jpg

今日は巣作りに忙しいイワツバメをご紹介しましたが、昨日のオオヨシキリもそうですが、遠く離れたファイリピンや大スンダ列島から繁殖のためはるばると日本にやって来てくれたことを考えると、無事、子育てを成功させ、来年も元気な姿を見せてほしいと思わずにはいられません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ