渡り途中のハチクマ

今日は山梨クラインガルテンで目にした渡り途中と思われるハチクマをご紹介します。

ハチクマ(Crested Honey Buzzard)はシベリア南部から中国北東部、日本にかけての地域とインドから東南アジア、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、フィリピンで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面に渡り越冬する体長55~65cmのタカ科ハチクマ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、日本には夏季、 シベリア南部から中国北東部、日本にかけて繁殖し、冬季、東南アジア、大スンダ列島、フィリピンにかけて越冬する亜種Pernis ptilorhynchus orientalisが夏鳥として渡来し、九州以北の各地で繁殖することが知られています。

カラスの大きな鳴き声がしたため外に出て上空を見上げると、カラスにモビングされている猛禽を目にしました。よく見ると渡り途中のハチクマで、どこかで羽根を傷めたのか三列風切が痛々しく抜けていました。この個体は体下面と下雨覆が白っぽく、尾羽には2本の太い黒帯があることから、淡色型のオスと思われます。

名称未設定 (1 - 5)

その後、カラスを振り切って、上空を旋回し始めました。

名称未設定 (2 - 5)

名称未設定 (3 - 5)

名称未設定 (4 - 5)

名称未設定 (5 - 5)

この個体はやがて北東の方向に飛び立っていきましたが、無事、目的地である繁殖地にたどり着き、子育てに励んでほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる