FC2ブログ

コキンメフクロウ(スペイン、モロッコ)

スペイン・アフリカシリーズの続きで、今日はコキンメフクロウをご紹介します。

コキンメフクロウ(Little Owl)はヨーロッパ西部から中東、南アジア、中央アジア、ロシア、東アジアにかけたユーラシアとアフリカ北部、北東部に分布する体長23~27.5cmのフクロウ科コキンメフクロウ属の鳥で、分布域により13亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ中部・南部・南東部からロシア北西部にかけて分布する基亜種Athene noctua noctuaと、モロッコからエジプト西部、アラビア半島にかけて分布する亜種Athene noctua saharaeの2亜種と思われます。

スペイン南部の草原で目にしたコキンメフクロウの基亜種Athene noctua noctuaと思われる個体。頭部からの上面は白いまだら模様の入った茶色で、体下面は白色で茶色の縦斑があり、身体の割に頭や足は大きく、虹彩は和名のように黄色(金色)であるのが特徴です。

コキンメフクロウ3

コキンメフクロウ5

擬態なのでしょうか? 地面にいると土の色に溶け込んで見つけにくくなります・・・

コキンメフクロウ7

こちらは別の草原で目にしたコキンメフクロウ。

コキンメフクロウ9

コキンメフクロウ10

コキンメフクロウ1

コキンメフクロウ11

こちらはモロッコの田園地帯で目にしたコキンメフクロウの亜種Athene noctua saharaeと思われる個体。体上面の白いまだら模様が少ないように思われます。

コキンメフクロウ22

コキンメフクロウ21

今日はスペインとモロッコで目にしたコキンメフクロウのそれぞれ別亜種をご紹介しましたが、本種はギリシア神話の女神アテナの使いとされており、学名の属名"Athene" はアテナに由来すると言われているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる