FC2ブログ

キタヤナギムシクイ

スペインシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるキタヤナギムシクイをご紹介します。

キタヤナギムシクイ(Willow Warbler)はヨーロッパ西部からシベリア東部にかけて繁殖し、冬季、アフリカに渡り越冬する体長11~12.5cmのメボソムシクイ科メボソムシクイ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはスウェーデン南部、ヨーロッパ西部 ・中部で繁殖し、冬季、アフリカ西部で越冬する基亜種Phylloscopus trochiluss trochilussと思われます。なお、日本で記録のあるキタヤナギムシクイはシベリア中部・東部で繁殖し、冬季、アフリカ東部・南部で越冬する亜種Phylloscopus trochiluss yakutensisとされています。

スペイン南部の海岸近くのブッシュで目にしたキタヤナギムシクイ。上面は灰色みを帯びたオリーブ褐色で、翼帯はなく、全体的にスマートに見えます。

キタヤナギムシクイ6

キタヤナギムシクイ7

キタヤナギムシクイ10

キタヤナギムシクイ8

キタヤナギムシクイ20

キタヤナギムシクイ23

キタヤナギムシクイ4

こちらは地面に降りていたキタヤナギムシクイ。体下面は汚白色で、喉から脇は黄色みを帯びています。

キタヤナギムシクイ13

キタヤナギムシクイ14

キタヤナギムシクイ15

今日は日本でも記録のあるキタヤナギムシクイ3亜種のうち、スウェーデン南部、ヨーロッパ西部 ・中部で繁殖し、冬季、アフリカ西部で越冬する基亜種Phylloscopus trochiluss trochilussをご紹介しましたが、今度は是非、日本で記録のある亜種Phylloscopus trochiluss yakutensisを見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる