FC2ブログ

コバシカンムリヒバリ

昨日の続きで、今日は同じくスペインで目にしたコバシカンムリヒバリをご紹介します。

コバシカンムリヒバリ(Thekla's Lark)はポルトガル、スペイン、フランス極南部からアフリカ北部・東部にかけて分布する体長15~17cmのヒバリ科カンムリヒバリ属の鳥で、分布域により12亜種に分かれており、今回目にしたのはポルトガル、スペイン、フランス極南部に分布する基亜種Galerida theklae theklae(他の11亜種はすべてアフリカ)と思われます。

スペイン南部の草地で目にしたコバシカンムリヒバリ。昨日ご紹介したカンムリヒバリにもよく似ていますが、カンムリヒバリより一回り小さく、嘴も短く、下嘴は丸みを帯びているのが特徴のようです。

コバシカンムリヒバリ6

コバシカンムリヒバリ5

コバシカンムリヒバリ7

コバシカンムリヒバリ8

コバシカンムリヒバリ11

コバシカンムリヒバリ13

コバシカンムリヒバリ16

コバシカンムリヒバリ17

コバシカンムリヒバリ18

コバシカンムリヒバリ19

昨日の続き、今日は同じくカンムリヒバリ属のコバシカンムリヒバリをご紹介しましたが、本種はヨーロッパではイベリア半島だけに分布しており、そういう意味ではカンムリヒバリとコバシカンムリヒバリの両種が見られるスペインは魅力的な場所と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる