FC2ブログ

コシアカツバメ

スペインシリーズの続きで、今日はコシアカツバメをご紹介します。

コシアカツバメ(Red-rumped Swallow)はヨーロッパ南部、アフリカ北部から中東、パキスタン、インド、カザフスタン、モンゴル、中国南部、シベリア南東部、朝鮮半島、日本にかけてと、アフリカ中央部で繁殖し、冬季北方の個体は南アジア、東南アジア、オーストラリア北部に渡り越冬する体長14~19cmのツバメ科Cecropis属(コシアカツバメ属?)の鳥で、分布域により8亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南部、アフリカ北部からイラン、パキスタン、インド北西部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ、南西アジアに渡り越冬する亜種Cecropis daurica rufulaと思われます。

スペイン南部の山岳地帯で目にしたコシアカツバメ。顔が赤褐色みを帯びているほか、腰は名前のように赤みを帯び、尾は長く、上尾筒から尾は黒色で、腮以下の体下面は淡褐色で、黒褐色の細い縦斑があるのが特徴です。

コシアカツバメ1

コシアカツバメ2

コシアカツバメ3

コシアカツバメ5

コシアカツバメ6

今日は日本でも夏鳥として渡来するコシアカツバメをご紹介しましたが、本種は集団営巣する傾向があり、崖や建物の空洞、橋桁などに土と枯れ草で固めた出入り口が細長い徳利や壺状の巣を作ることが知られており、繁殖地ではねぐらを作らず、繁殖後も渡りの時期まで巣をねぐらとして用いることが多いそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる