舳倉島の野鳥たち・・・ヒメイソヒヨ

日本有数の野鳥の飛来地である石川県の離島・舳倉島を訪れました。舳倉島は先日訪れた飛島同様、渡り鳥の中継地で、春は大陸から来る鳥と列島を南下する鳥でにぎわい、珍鳥や迷鳥を見ることもあり多くのバーダーが訪れることで知られています。今年は全体的に鳥の入りが良くないようで期待したほどの大きな成果はありませんでしたが、そんな中、何とかカメラに収められた野鳥たちをご紹介したいと思います。

最初は今回ようやく出会えた迷鳥ヒメイソヒヨです。ヒメイソヒヨはシベリア南部からウスリー地方、中国北東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季は中国南部、タイ、マレー半島に渡り越冬することが知られていますが、日本へは迷鳥として渡来し、北海道、秋田県、日本海側の島嶼(舳倉島など)、三宅島等で記録があるようです。

ヒメイソヒヨは全長18.5cmとイソヒヨドリより一回り小さく、オスは頭上から後頸、羽の一部がコバルトブルーで、眼先と下面、腰と尾の付け根は赤褐色、遠目では嘴の短いカワセミのような雰囲気の美しい鳥でした。

ヒメ

同じような写真ばかりですが・・・

ヒメ2

ヒメ3

ヒメ4

岩の上に乗ったヒメイソヒヨ

ヒメ5

ヒメ6

この時は少し雨が降っていました。

ヒメ7

今日は初見の迷鳥ヒメイソヒヨをご紹介しましたが、この鳥を見られただけでも舳倉島を訪れた甲斐がありました・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

ヒメイソヒヨドリ

舳倉島で珍鳥ヒメイソドリに会われ、ほんとうにラッキーでしたね。
今年は、二,三日いてしっかり観察できたのでしょうか。
樹どまりの素敵なお写真が撮れていますから!

 昨年は、チラとしか見られず二,三人のカメラマンが撮っただけでした。
 

No title

raito様

暫く留守をしていましたので返事が遅れ申し訳ありません。
ヒメイソヒヨですが、今年は幸いにも同じポイントに何度も出てきてくれ、
お陰でじっくり撮ることができました。
いつもこのような状況で撮れるといいのですが・・・

また、オスが最初に確認された頃、メスを撮影した人もいたのですが、
私達が居る間は残念ながら見ることができませんでした。
何れにしてもこの手の鳥たちに出会えるかどうかは多分に運次第のような
気がします・・・
プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる