FC2ブログ

ニシコクマルガラス

今日まで長々とスペインシリーズにお付き合いいただきありがとうございました。シリーズの最後に、今日は日本でも記録のあるニシコクマルガラスをご紹介します。

ニシコクマルガラス(Western Jackdaw)はアフリカ北西部、ヨーロッパのほぼ全域からシベリア中南部、中国西部にかけて広く分布する体長30~34cmのカラス科コクマルガラス属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、今回、スペイン南部で目にしたのはヨーロッパ西部・南部、アフリカ北西部に分布する亜種Coloeus monedula spermologusと思われます。なお、日本では迷鳥として1986年に天売島、1996年~1997年に北海道・浜中町での2例のみ記録がありますが、何れも後頸が淡い灰白色であったことからヨーロッパ東部・南東部からシベリア中南部、中国西部にかけて分布する亜種Coloeus monedula soemmerringii と考えられています。

スペイン南部で目にしたニシコクマルガラス。虹彩が銀灰色なのが本種の特徴で、当地の亜種は全身ほぼ真っ黒ですが、後頭部から頸にかけては灰色なのが特徴のようです。

ニシコクマルガラス1

ニシコクマルガラス2

ニシコクマルガラス3

ニシコクマルガラス4

ニシコクマルガラス5

当地で営巣しているようで、盛んに巣材を集めていました・・・

ニシコクマルガラス7

今日は日本でも記録のあるニシコクマルガラスのうち、ヨーロッパ西部・南部、アフリカ北西部に分布する亜種Coloeus monedula spermologusと思われ個体をご紹介しましたが、ニシコクマルガラスは虹彩が銀灰色のせいかちょっと悪童のような雰囲気を持っていますが、それでも何となく憎めない愛らしさがあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる