FC2ブログ

今年もやって来たノビタキ

今日は自宅近くをサイクリング中、偶然目にした渡り途中のノビタキをご紹介します。

従来、ノビタキ(Common Stonechat)はユーラシア大陸、アフリカで広く繁殖し、冬季はアフリカ北部、中近東、インド、東南アジアで越冬する体長約13cmのヒタキ科ノビタキ属の鳥として、分布域により全部で24亜種に分類されていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では①ヨーロッパノビタキ(European Stonechat:2亜種)、②シベリアノビタキ(仮称)(Siberian Stonechat:5亜種)、③ニシノビタキ(African Stonechat:13亜種)、④ノビタキ(Stejneger's Stonechat:亜種なし)などに分離独立させており、日本にはシベリア南東部からモンゴル東部、中国北東部、朝鮮半島、日本で繁殖するノビタキ(Stejneger's Stonechat)が夏鳥として渡来し、繁殖を終えたあとは東南アジア(主にマレー半島)に渡り越冬することが知られています。

渡りの途中、自宅近くの貯水池の堰堤にやって来たノビタキ。この個体は顔の黒みが強いことから冬羽に換羽中のオスと思われます。

20181008-KX0A1874.jpg

20181008-KX0A1943.jpg

20181008-KX0A1938.jpg

20181008-KX0A1963.jpg

こちらは別個体で、顔に黒みがあり、初列雨覆先端にバフ色の斑があることから第1回冬羽と思われます。

20181008-KX0A1885.jpg

20181008-KX0A1920.jpg

こちらは上記個体より、顔の黒みは弱いですが、初列雨覆先端にバフ色の斑があることからやはり第1回冬羽と思われます。

20181008-KX0A1899.jpg

20181008-KX0A1907.jpg

こちらは顔に黒みがなく、全体的に体色が淡く、初列雨覆先端にバフ色の斑があることから、メスの第1回冬羽でしょうか・・・

20181008-KX0A1889.jpg

20181008-KX0A1893.jpg

今日は渡りの途中、自宅近くの貯水池にやって来たノビタキをご紹介しましたが、ノビタキは冬羽に換羽中の成鳥オスや第1回冬羽に換羽中の個体など全部で4羽確認できました。毎年この時期、当地を渡っていくノビタキですが、来年も元気な姿を見せてほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ