FC2ブログ

渡り途中のノゴマ

スペインシリーズの途中ですが、今日は渡りの途中、地元に立ち寄ってくれたノゴマをご紹介します。

ノゴマ(Siberian Rubythroat)は夏季にシベリア、モンゴル北部、中国、ロシア、北朝鮮、韓国、日本でなどで繁殖し、冬季は東南アジア、フィリピンなどで越冬する体長15~16cmのヒタキ科ノゴマ属の鳥ですが、分布域により3亜種に分かれており、そのうち日本にやって来るのは、カムチャッカ半島、千島列島、北海道などで繁殖し、冬季は東南アジアやフィリピンなどで越冬する亜種Calliope calliope camtschatkensisとされています。

散歩の途中、地元の貯水池堰堤で目にしたノゴマのメス。オスは英名のごとく腮から喉の部分が美しいルビー色をしていますが、メスは白色または淡褐色なのが特徴で、今回目にしたのは大雨覆が幼羽であることから第1回冬羽と思われます。

20181019-DSC08956.jpg

20181019-DSC08971.jpg

やはりヒタキ科の鳥、時折このように尾羽を立ててサービスしてくれます。

20181019-DSC09000.jpg

20181019-DSC09008.jpg

20181019-DSC09060.jpg

20181019-DSC09065.jpg

20181019-DSC09098.jpg

従来の分類では、コマドリ、アカヒゲ、オガワコマドリ、コルリ、シマゴマなどと同じくLuscinia属(ノゴマ属)として分類されていたノゴマですが、現在、IOC(国際鳥類学会議)ではノゴマはCalliope属(ノゴマ属)に、コマドリ、アカヒゲ、コルリ、シマゴマなどはLarvivora属(コマドリ属)に、オガワコマドリはLuscinia属(サヨナキドリ属)として分類しており、日本鳥類目録次期改訂版ではこれらについても分類の見直しが行われるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ