FC2ブログ

ナンヨウショウビン

先日、フィリピン・セブ島に観光で訪れましたので、その際、観光の合間で目にした鳥たちをご紹介します。

最初は旅行中何度も目にしたナンヨウショウビンです。

ナンヨウショウビン(Collared Kingfisher)はアフリカ北東部、紅海西岸からアラビア半島、インド沿岸部、東南アジア、小スンダ列島にかけて分布する体長約24cmのカワセミ科ナンヨウショウビン属の鳥で、分布域により14亜種に分かれており、今回、当地で目にしたのはフィリピンに分布する亜種Todiramphus chloris collarisと思われます。なお、日本では迷鳥として南西諸島(宮古島、石垣島、西表島、与那国島)で記録がありますが、日本に渡来する亜種は今回と同じ亜種Todiramphus chloris collarisとされています。

セブ島の教会の池で目にしたナンヨウショウビン。頭部、背、肩羽は青緑色で、翼、尾羽は青く、黒い過眼線と眼の前方に白く細い眉斑があるのが特徴ですが、この個体は光を浴びているせいか、体上面は緑色に輝いていました。

20180924-DSC08633.jpg

b20180924-DSC08619.jpg

b20180924-DSC08628.jpg

20180924-DSC08615.jpg

こちらはセブ島から船で2時間ほどのところにあるボホール島の海岸線で目にしたナンヨウショウビン。

20180922-KX0A1023.jpg

20180922-KX0A1020.jpg

こちらはセブ島と陸続きのマクタン島からボートで15分ほどのところにあるオランゴ島で目にしたナンヨウショウビン。2羽で仲良く休んでいました。

20180923-KX0A1658.jpg

20180923-KX0A1654.jpg

今日はフィリピンで目にしたナンヨウショウビンをご紹介しましたが、当地の亜種は日本に渡来する亜種と同じということで、より親しみを感じさせてくれました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ