FC2ブログ

亜種カラアカモズ?

フィリピンシリーズの続きで、今日は亜種カラアカモズと思われる個体をご紹介します。

アカモズ(Brown Shrike)は夏季にシベリア、ロシア南東部、モンゴル、中国、、朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季になるとインドから中国南部、東南アジアにかけて越冬するモズ科モズ属の鳥で、分布域により4亜種(ウスアカモズ、カラアカモズ、シマアカモズ、アカモズ)に分かれており、今回目にしたのはその特徴から、シベリア中部・東部、モンゴル北部で繁殖し、冬季、インドからマレー半島に渡り越冬する亜種カラアカモズ(Lanius cristatus cristatus)と思われました。なお、日本では亜種アカモズが北海道、本州、四国で局所的に繁殖するほか、亜種シマアカモズが九州南部や南西諸島の一部で繁殖し、渡りの時期には日本海の島嶼、南西日本、南西諸島で多数通過するほか、亜種カラアカモズが稀な旅鳥として日本海の島嶼などで記録されています。

セブ島から船で2時間ほどのボホール島で目にした亜種カラアカモズのオスと思われる個体。本亜種のオスは頭部から背にかけて暗灰褐色で、胸以下の下面は橙褐色なのが特徴のようです。

20180923-KX0A1199.jpg

b20180922-KX0A0742.jpg

20180922-KX0A0845.jpg

こちらはセブ島南部の山岳地帯で目にした亜種カラアカモズ・メスの第1回冬羽と思われる個体。

20180924-KX0A1697.jpg

20180924-KX0A1694.jpg

20180921-KX0A0466.jpg

20180921-KX0A0469.jpg

今日はセブ島およびボホール島で目にした亜種カラアカモズと思われる個体をご紹介しましたが、フィリピンでは主に亜種シマアカモズ(Lanius cristatus lucionensis)が越冬するほか、亜種アカモズ(Lanius cristatus superciliosus)も渡りの時期に通過することが考えられるほか、亜種カラアカモズも台湾、フィリピン、ボルネオを経由して渡るとしている図鑑もあることから、今回の個体が亜種カラアカモズでもおかしくないと判断しました。どなたか詳しい情報をお持ちの方がおられましたらご教授いただけると幸いです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる