FC2ブログ

アオショウビン

昨年6月初旬に台湾本島、金門島を訪れましたが、まだ一部の鳥たちしかご紹介できていませんので、今日から暫く間、未掲載の鳥たちをご紹介します。

最初は金門島ではお馴染みのオアショウビンです。

アオショウビン(White-throated Kingfisher)は中近東から東南アジア、中国南部・東部、台湾にかけて広く分布する体長約28cmのカワセミ科アカショウビン属の鳥で、分布域により6亜種に分かれていますが、今回目にしたのは中国南部・東部、台湾、海南島に分布する亜種Halcyon smyrnensis fokiensisと思われます。なお、日本には迷鳥として春に先島諸島で数回記録があり、亜種名は不明とされていますが、分布的には今回ご紹介した亜種Halcyon smyrnensis fokiensisの可能性が高いと言われています。

金門島で目にしたアオショウビン。頭部から後頭、脇、下尾筒にかけては全面栗色ですが、英名のように喉から胸が白く、上面は和名のように光沢ある美しい空色をしています。

アオショウビン1

アオショウビン4

アオショウビン5

別の場所で・・・

アオショウビン12

こちらは幼鳥でしょうか?全体的に体色が淡く、嘴も黒みががっています・・・

アオショウビン10

アオショウビン11

台湾本島では比較的珍しいアオショウビンですが、中国本土に近い金門島では留鳥であり、ごく普通に見ることができます。そんなアオショウビンですが、今回は日本ではほとんど見ることができない幼鳥まで目にすることができ、何だか得をした気分でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる