FC2ブログ

ヒメヤマセミの飛翔

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はヒメヤマセミをご紹介します。

ヒメヤマセミ(Pied Kingfisher)はアフリカから中東、南アジア、中国、インドシナ北部にかけて分布する体長約25cmのカワセミ科ヒメヤマセミ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのは中国南東部、東部、海南島などに分布する亜種Ceryle rudis insignisと思われます。

海岸近くの養魚池上空で飛翔していたヒメヤマセミ。この個体は胸に2本の黒帯が見られることからオスと思われます。(メスは黒帯が1本)

ヒメヤマセミ1

ヒメヤマセミ2

ヒメヤマセミ3

ヒメヤマセミ4

ヒメヤマセミ5

今日は日本ではまだ記録のないヒメヤマセミをご紹介しましたが、英名はモノトーンのまだら模様から付けられたと思われますが、見た目には日本で留鳥のヤマセミを一回り小さくしたよう感じであり、和名のほうもいい線をいっているように感じられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる