FC2ブログ

アリサンヒタキ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾を代表する固有種、アリサンヒタキをご紹介します。

アリサンヒタキ(Collared Bush Robin)は台湾にのみ分布する体長約12cmのヒタキ科ルリビタキ属の鳥で、標高2,000~2,800mの高山に生息し、阿里山でよく見られたことが和名の由来になっています。

高山帯で目にしたアリサンヒタキのオス。頭から上面は濃青色で、腹以下の体下面はオリーブ黄色、白く長い眉斑と、胸と後頸、肩羽の橙紅色がアクセントになっています。なお、英名はこの襟のような橙紅色の帯から名付けられたものと思われます。

アリサンヒタキ1

アリサンヒタキ3

アリサンヒタキ4

アリサンヒタキ5

今日は台湾を代表する固有種 アリサンヒタキをご紹介しましたが、分類的には日本でもお馴染みのルリビタキと同じルリビタキ属の鳥、動きや人懐っこいところは大変よく似ています。なお、台湾では同じルリビタキ属の鳥として、ほかにもルリビタキ(台湾では冬鳥)とキクチヒタキ(台湾亜種)の2種が分布しています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる