FC2ブログ

シマキンパラ

台湾シリーズの続きで、今日はシマキンパラをご紹介します。

シマキンパラ(Scaly-breasted Munia)はインドから中国南部、台湾、東南アジアにかけて広く分布する体長約11cmのカエデチョウ科キンパラ属の鳥で、生息域により11亜種に分類されており、今回当地で目にしたのはミャンマー南部、 タイ、インドシナ、中国南東部、海南島、台湾などに自然分布する亜種シマキンパラ(Lonchura punctulata topela)と思われます。

山麓の河川で目にしたシマキンパラ。白い体下面には名前のように(Scalyは鱗状の意)、羽縁に茶褐色のU字模様があり、全体的に鱗模様となって見えるのが特徴です。

4S3A2410.jpg

4S3A2413.jpg

4S3A2415.jpg

4S3A2417.jpg

4S3A2426.jpg

4S3A2434.jpg

今日は台湾本島で目にしたシマキンパラをご紹介しましたが、シマキンパラは本来日本にはいなかった種ですが、沖縄では1988年から野外での報告があり、愛玩用・観賞用に輸入された飼い鳥が逃げ出した、あるいは飼い主によって放たれ野生化したと考えられており、近年、沖縄諸島をはじめ、奄美諸島以南の多くの島で観察されています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ