FC2ブログ

アトリ

昨日の続きで、今日は同じく高原の森に今年もやって来たアトリをご紹介します。

アトリ(Brambling)はユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島、日本などに渡り越冬する体長約16cmのアトリ科アトリ属の鳥で、日本には冬鳥としてシベリア方面から渡来しますが、渡来する個体数は年による変化が大きいと言われています。

灌木で休んでいたアトリのオス冬羽。夏羽では黒色の頭部も冬羽でバフ色で、背も羽縁が橙褐色になります。

名称未設定-5399

名称未設定-5401

名称未設定-5404

こちらは頬から側頸が灰色で、黒褐色の頭側線が印象的な冬羽のメス。

名称未設定-5521

名称未設定-5513

日本には冬鳥としてシベリア方面から渡来するアトリですが、主に日本海側の山形県から富山県辺りに飛来し、そこから日本各地に分散するそうで、渡来直後や繁殖地への渡去直前には数千羽から数万羽になる大群を作ることがあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ