FC2ブログ

散歩の途中目にしたルリビタキ

日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬することが知られているルリビタキ(Red-flanked Bluetail)ですが、自宅近くの里山には数個体が飛来しているようで、散歩の途中、目にすることが多い鳥でもあります。そんなルリビタキですが、今日も散歩の途中、その愛らしい姿を見ることができました。

こちらは額から体上面がかなり青い成鳥のオス。オスは風切外弁すべてが青色になるには4年以上かかると言われていますが、この個体は4年目位でしょうか?

DSC04631.jpg

DSC04565.jpg

DSC04618.jpg

DSC04588.jpg

こちらは別の場所で目にしたルリビタキの若いオス。額から体上面の青色はまだ淡く、風切外弁もまだ褐色ですので、まだ2年目位でしょうか?

DSC04778.jpg

DSC04796.jpg

DSC04800.jpg

今日は散歩の途中目にしたルリビタキをご紹介しましたが、この愛嬌たっぷりの青い鳥は何度見ても飽きることがありません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる