ボルネオの鳥たち・・・コオオハナインコモドキ

ボルネオシリーズの続きで、今日はコナキタバル市内の公園で出会ったコオオハナインコモドキをご紹介します。

コオオハナインコモドキはかってフィリピンではポピュラーな鳥だったようですが、今では数が減少し限られた場所でしか見られなくなっているようです。そして、ここボルネオでも限られた場所でしか生息していないようで、コナキタバルの当公園は大変貴重な場所と言えそうです。

営巣場所と思われる木の洞から上半身を出したコオオハナインコモドキ。コオオハナインコモドキは英名をBlue-naped Parrotと言うように頭が青色をした大変美しいインコで、いかにも南国の鳥といった雰囲気を持っていました。

インコ1

インコ2

枝止まりのコオオハナインコモドキ

インコ3

インコ10


今日は近年急速にその数を減らしているコオオハナインコモドキをご紹介しましたが、オウムやインコの仲間はペットとして捕獲されることが多いため数を減らしたのでしょうか? やはり、野生の鳥は自然界の中にいてこそ価値があると思うのですが・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる