FC2ブログ

クマタカの若鳥

昨日の続きで、今日はこの日何度も現れたクマタカ(Mountain Hawk-eagle)の若鳥をご紹介します。

遠くの山をバックに飛翔するクマタカの若鳥。一般に若鳥は上面が暗褐色で、下面は淡いバフ色で成鳥に比べて白っぽく見え、顔面も淡色部が多いとされており、今回の個体も体色がかなり白っぽく、虹彩が暗灰色で、いまだ親鳥の世話を受けていることから考えると、第1回冬羽ないし第2回冬羽ではないかと思われます。

KX0A0811.jpg

KX0A0865.jpg

KX0A0875.jpg

KX0A0876.jpg

その後、上空に出てきたクマタカの若鳥。尾羽の翼帯も細く、虹彩は暗灰色のように見えます・・・

KX0A0766.jpg

KX0A0791.jpg

KX0A0794.jpg

KX0A0800.jpg

今日はクマタカの繁殖ポイントに現れた若鳥をご紹介しましたが、一般にクマタカの若鳥は齢を重ねるごとに体色は暗色化し、4~5年で成鳥羽になると言われていますので、今回の個体も立派な成鳥羽になるにはまだまだ時間が必要と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる