FC2ブログ

夏羽のカイツブリ

今日は散歩の途中、自宅近くの公園で目にしたカイツブリをご紹介します。

カイツブリ(Little Grebe)はアフリカ大陸、マダガスカル、ヨーロッパから東アジアにかけてのユーラシア大陸の中緯度以南、、日本、台湾、インドネシア、ソロモン諸島、パプアニューギニア、フィリピンなどに広く分布する体長約26cmのカイツブリ科カイツブリ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、日本にはアジア北東部から南東部、千島列島、日本、台湾に分布する亜種カイツブリ(Tachybaptus ruficollis poggei)が留鳥として本州中部以南に広く分布するほか、東北地方以北では夏鳥として渡来することが知られています。

公園の小さな池で目にしたカイツブリ。この時期、すでに夏羽に換羽しており、顔から頭頂、後頸は黒く、頬から側頸は赤褐色で、上面は黒っぽく、虹彩は黄白色で、嘴は黒く先端は黄白色で、嘴基部の黄白色斑が目立ちます。

DSC01733.jpg

DSC01724.jpg

DSC01743.jpg

DSC01757.jpg

DSC01749.jpg

こちらは公園に隣接する貯水池で目にしたカイツブリ。この個体は頭頂と体上面は黒褐色で、頬から側頸、体下面は淡褐色であることから、まだ換羽が始まっていない第1回冬羽と思われます。

DSC01149.jpg

DSC01160.jpg

DSC01152.jpg

今日は亜種カイツブリの成鳥夏羽と第1回冬羽と思われる2個体をご紹介しましたが、カイツブリはかっては10亜種に分類されており、日本には亜種カイツブリ(Tachybaptus ruficollis poggei)のほか、南大東島に分布する亜種ダイトウカイツブリ(Tachybaptus ruficollis kunikyonis)の2亜種が分布するとされていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では10亜種を7亜種に集約しており、その結果、亜種ダイトウカイツブリは亜種カイツブリに編入され、亜種カイツブリとして扱われているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる