FC2ブログ

スポットライトを浴びたヒヨドリ

今日は自宅近くの里山で目にしたヒヨドリをご紹介します。

ヒヨドリ(Brown-eared Bulbul)はサハリン南部、日本、朝鮮半島、台湾、中国東部からフィリピン北部にかけて分布する体長27~29cmのヒヨドリ科ヒヨドリ属の鳥で、分布域により12亜種に分かれており、そのうち日本では①基亜種ヒヨドリ(サハリン南部から北海道、本州、四国、九州で繁殖し、奄美大島、琉球諸島、中国東部には冬鳥として渡来)、②亜種オガサワラヒヨドリ、③亜種ハシブトヒヨドリ、④亜種ダイトウヒヨドリ、⑤亜種アマミヒヨドリ、⑥亜種 リュウキュウヒヨドリ、⑦亜種イシガキヒヨドリ、⑧亜種タイワンヒヨドリの8亜種が分布するとされています。

谷戸の薄暗い場所に水浴びにやって来た基亜種ヒヨドリ。木漏れ日がまるでスポットライトのようにヒヨドリを照らし出していました。

DSC04258.jpg

DSC04262.jpg

左側の個体が水の中に入り・・・

DSC04223.jpg

水浴びを始めました。

DSC04227.jpg

DSC04235.jpg

DSC04243.jpg

水を飲むヒヨドリ。

DSC04238.jpg

今日は薄暗い谷戸に水浴びにやって来たヒヨドリをご紹介しましたが、木漏れ日を浴びたヒヨドリは意外にも美しく、嫌われ者のイメージが少しばかり変わりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ