FC2ブログ

自宅近くの上空を旋回するオオタカ

今日は自宅近くの森を散歩中、目にしたオオタカをご紹介します。

オオタカ(Northern Goshawk)はユーラシア大陸と北アメリカ大陸に広く分布する体長50~58.5cmのタカ科ハイタカ属の猛禽で、分布域により10亜種に分かれており、そのうち日本では①亜種オオタカ(Accipiter gentilis fujiyamae)が九州北部以北に留鳥として分布(その他の地域では冬鳥)するほか、②シベリア北東部に分布する亜種シロオオタカ(Accipiter gentilis albidus)が稀に飛来し、北海道、青森県、山形県、新潟県などで記録があるようです。

上空を旋回していたオオタカの成鳥。見た目にはハイタカともよく似ているオオタカですが、ハイタカより一回り大きく、体下面は白く黒褐色の横斑(ハイタカの成鳥では橙褐色の横斑)があり、尾羽は凸尾に見えることから識別することができます。

KX0A1761-2.jpg

KX0A1748.jpg

KX0A1767.jpg

KX0A1769.jpg

今日は自宅近くの森の上空を旋回していたオオタカの成鳥をご紹介しましたが、1980年代までは滅多なことでは森から出てこなかったようですが、近年、野鳥の保護によりあまり人を怖がらなくなり住宅地周辺にまで進出しているようで、当地でも比較的身近で見られるようになってきています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ