FC2ブログ

羽衣が美しいブッポウソウ

鳥仲間の集まりがあり少し足を延ばして山間地を訪れましたが、今日はそこで目にしたブッポウソウをご紹介します。

ブッポウソウ(Oriental Dollarbird)はユーラシア大陸東部とオーストラリア東部で繁殖するほか、インドから東南アジアでは留鳥として周年生息する体長約30cmのブッポウソウ科ブッポウソウ属の鳥で、分布域により10亜種に分かれており、そのうち日本にはヒマラヤから中国、シベリア南東部、朝鮮半島、日本にかけて繁殖する亜種ブッポウソウ(Eurystomus orientalis cyanocollis)が夏鳥として飛来し、本州、四国、九州で繁殖した後、冬季は東南アジアに渡り越冬しますが、光沢のある青色の胴体に群青色の喉、嘴と脚は鮮やかな赤橙色、飛翔している時には初列風切の白い斑紋が目立つ大変美しい鳥として人気があります。

樹上から周りを見回し、餌の昆虫類などを探していたブッポウソウ。夕陽を浴びた光沢のある青色の胴体と赤い嘴が印象です。

4S3A4129.jpg

4S3A4121.jpg

4S3A4136.jpg

獲物を見つけたのか、飛び出しました。英名のDollarbirdは翼の白斑が1ドル銀貨のように見えることから付けられたそうですが、見ようによっては確かにそのようにも見えますね・・・

4S3A4143.jpg

4S3A4026.jpg

4S3A4028.jpg

昆虫らしきものを咥えて飛翔するブッポウソウ。当地のブッポウソウには背中に発信機が取り付けられており、ちょっと痛々しい感じがします・・・

4S3A3930.jpg

4S3A3965.jpg

4S3A3896.jpg

KX0A4706.jpg

今日は久し振りに目にしたブッポウソウをご紹介しましたが、当地のブッポウソウには背中に発信機が取り付けられており、調査のため止むを得ないとも思いますが、見た目には何とも痛々しい感じがしてしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ