FC2ブログ

コサメビタキ

今日はサンコウチョウのいた森で目にしたコサメビタキをご紹介します。

コサメビタキ(Asian brown Flycatcher)はシベリア、モンゴル北部、中国北部、朝鮮半島、日本、パキスタン、ブータン、インド、ミャンマー、タイ、ベトナムなどで繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部、インドネシア、フィリピンへ南下し越冬する体長約13cmのヒタキ科サメビタキ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本ではシベリア、モンゴル北部、中国北部、朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季、東南アジア、フィリピンなどへ渡り越冬する基亜種コサメビタキ(Muscicapa dauurica dauurica)が夏鳥として九州以北に飛来し、秋になると南に渡って行きます。

特有の動きで樹々の間を飛び回っていたコサメビタキ。英名のごとく体上面は灰褐色で、白いアイリングに特徴がありますが、この個体は大雨覆に幼羽が見られることから第1回夏羽と思われます。

名称未設定-11

名称未設定-12

名称未設定-13

名称未設定-14

名称未設定-15

名称未設定-16

名称未設定-18

名称未設定-20

さすがフライキャッチの名人、見事、蛾をゲットしてきました。

名称未設定-8

今日はサンコウチョウのいる森で目にしたコサメビタキをご紹介しましたが、科こそ違うものの、英名のようにともに食性は昆虫食で、森林内で飛翔中の昆虫などを捕食することから、同じような環境で繁殖しているものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる