FC2ブログ

ツミの幼鳥

今日は自宅近くの都市公園で繁殖しているツミの幼鳥をご紹介します。

ツミ(Japanese Sparrowhawk)は夏季にモンゴル、ロシア極東部、中国東部、朝鮮半島、日本で繁殖し、冬季は東南アジアやフィリピン、インドネシアに南下し越冬する体長27~30cmのタカ科ハイタカ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本では①中国北東部、ロシア極東部、日本で繁殖し、冬季、フィリピン、インドネシアに渡り越冬(温暖な地域では留鳥)する基亜種ツミ(Accipiter gularis gularis)、②八重山諸島に留鳥として分布する亜種リュウキュウツミ(Accipiter gularis iwasakii)。の2亜種が分布することが知られています。

公園の薄暗い森で目にしたツミの幼鳥。虹彩は緑黄色で、頭頂から体上面は暗黒灰色で羽縁が橙褐色。胸は暗灰褐色の縦斑で、腹以下は横斑で、中央部はハート型なのが特徴です。

4S3A4428.jpg

幼鳥は全部で4羽いるそうですが、ここでは3羽が並んでくれました。

4S3A4435.jpg

4S3A4451.jpg

4S3A4442.jpg

4S3A4562.jpg

やはり幼鳥、猛禽とは言えこんな可愛い仕草もしてくれます。

4S3A4580.jpg

今日は自宅近くの都市公園で繁殖しているツミの幼鳥をご紹介しましたが、都市部ではオオタカと同じく、公園等の緑化に伴い繁殖例も増加しているようで、比較的身近で見られる猛禽になっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる